ホーム > 登録に向けた取り組み

登録に向けた取り組み

「宇治茶生産の景観」を世界文化遺産登録へ!

京都府では、日本茶・宇治茶のユネスコ世界文化遺産の登録を視野に、
宇治茶の振興に取り組んでいます。

宇治茶の世界文化遺産を目指す意義

登録に向けた取り組みを通じて、
宇治茶の価値を日本や世界の人々に伝え、多くの方々と共有すること。
人類共通の貴重な宝として将来にわたって継承していく
仕組みをつくりあげていくこと。

宇治の世界文化遺産登録に向けた検討

平成23年7月〜平成24年3月

登録可能性検討委員会(2回開催)
コンセプト:日本茶文化の代表的資産群

平成24年8月〜平成26年2月

登録検討委員会(4回開催)
コンセプト:日本茶のふるさと「宇治茶生産の景観」

平成26年3月

共同提案書を作成(府と関係市町村)

平成26年6月

知事が文部科学省に提案

平成27年6月

共同提案書を改定(府と関係市町村)

知事が文部科学省に提案